白内障

私こと婆ダムA子は、この10年近く、目がかすんで白い膜がかかったように
ぼやーっと見えています。👀

この症状、いわゆる「白内障」らしく、年を取れば仕方ないのかなと思っておりました。

先日、カゴッマの友人と電話で話していましたところ

「ウチモ 白内障デ 数年前ニ 手術ヲシタケド、世界ガ明ルナッタヨー。
   アンタモ ハヨシタホガ ヨカヨ!」
 訳:私も白内障で数年前に手術したけど、世界が明るくなったよー。あなたも早く手術したらいいよ!

かなり迷いましたが、近所の眼科で手術することにいたしました。

手術といっても日帰りで、片目につき10分程度で終わって
目の中にある濁った水晶体を取り除いて、その変わりに眼内レンズを装着するのだそうです。
※ 白内障は、カメラのレンズのようにピントを合わせる水晶体が濁ってしまうことでおこる病気なのだそうです。

その眼内レンズ、種類があるようで
昨日、どんなレンズを入れるかを決めるために眼科に行ってまいりました。

種類としては
多焦点レンズと単焦点レンズがあり
多焦点レンズは、健康保険が使えない(自費)ということで、即却下です。 
※そのクリニックでは手術費用は、両目で70万円ぐらいでした。😨
単焦点レンズだと、遠くか近くか中間か、どこにピントを合わせたいかで
レンズが変わってくるそうです。 ※健康保険1割負担で、両目で3万円ぐらいです。😀

どのレンズがよいのか、試してみたいところですが
一度装着するとコンタクトレンズのように取り外しはできないようで
レンズの決定は、慎重にしなくてはいけません。

お医者さんと話し合いました結果、遠くにピントを合わせるレンズにすることにしました。
遠くといっても、2メートル以上先ぐらいで、これを選ぶ患者さんが一番多いのだとか。

なお、この遠くにピントを合わせるレンズでも
今よりも新聞などは読みやすくなるらしくて、老眼鏡も作り直した方がよいそうです。

ちなみにカゴッマの友人いわく
「単焦点レンズデ ヨカヨカ! 
 ウチモ 遠クノデン、近クモ 前ヨリ スッキィ 見ユッヨ」   とのこと。
 訳:単焦点レンズで、いいよ。私も遠くにピントを合わせるレンズだけど、近くの距離も手術前よりすっきり見えるよ。

手術前に行う検査も終わりまして、いよいよ手術は来月ですが   
 ※手術前検査は、今の目の状態の確認と血液検査をしました。
近づいて来ると、ヤッパイ チョピットハ不安…。
でも今の日本で一番多く行われている手術らしいので、問題ハ ナカヤロ。

友人が言いますように、世界がどんなに明るくなるのか、今から楽しみでもございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの本では「世界が明るくなる」どころか「人生が変わる」とおっしゃっています。


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: