プロ野球

昨日は地元の阪神タイガースが延長10回、福留選手の勝ち越しの2ランで3連勝!🎉

私こと婆ダムA子は、トラキチではないのですが、やはりカゴッマ出身のフッドメが活躍しますと
思わず顔がほころんでしまいます。 ※カゴッマでは福留のことをフッドメと言います。

もともと亡き主人の影響で、野球観戦は大好きでございます。
主人は、今のオリックスバッファローズの前身、阪急ブレーブスの大ファンで
イチローがまだ「鈴木」と名乗っていた頃から
その大器を期待して西宮球場によく応援に行っておりました。
 ※今は西宮球場はなくなり、その跡地にガーデンズというおしゃれなショッピングモールができています。

さてプロ野球と言いますと、私のカゴッマの母校からプロの世界に飛び込んだ
親子ほど年の離れた後輩がおります。

恐らく母校からのプロ野球選手は、彼だけだと思うのですが、お名前は池ノ上格(いけのうえ とおる)選手。
昭和50〜60年代に南海ホークス、横浜大洋ホエールズで
投手から後に内野手として活躍されました。

そして私は一時期、母校で彼を応援する関西の後援会長という大役を務めておりました。

この大役の醍醐味は、なんといっても球場で大きな応援旗を振れることでしょう。
当時の大阪球場は、観客こそ少のうございましたが、応援は賑やかで
トランペットや太鼓が響き渡る中、大旗を振る快感は今も忘れられません。
もっとも大旗を振りすぎて、貧血で倒れて客席で横になっていたこともございましたが…。

彼がホエールズ移籍後は、アウェイでの甲子園球場での応援でした。
満員の阪神ファンの中で大旗を振るのは、なかなか勇気がいりましたが
タイガースの強面の応援団長さんは、試合前にはこちらの応援席まで
必ず丁寧なご挨拶をされにいらっしゃいました。

そして池ノ上選手、絵に描いたような爽やかなスポーツマンで
後援会の催しには、いつも笑顔でご参加下さり、楽しいお話を披露してくれました。

中でも忘れられないのが、当時ホークスの監督だった野村克也さんのエピソード。

 「この前は、おいしい鹿児島のミカンを送ってくれてありがとう。奥さんに礼を言っといてな」

これを試合中のダックアウトのベンチで、しかも試合を見ながら誰に向かって言うのでもなく
独り言のようにボソボソと呟くのだとか。
その口調も野村監督にそっくりで、大いに笑わせてもらいました。

現在、彼は阪神タイガースでスカウトをなさっていて
カゴッマ同士のよしみで、フッドメ選手のタイガース移籍にも尽力されたのかもしれません。

今は年賀状のやり取りしかございませんが
彼には、これからも「チェスト!キバッテホシカ!」(※それ行け!頑張って欲しい)我が母校の星でございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
南海ホークスの野球帽。この深緑色がチームカラーでした。


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

赤白パネルマッチ

1960年代後半、私こと婆ダムA子が、まだカゴッマに住んでおりました頃
テレビチャンネルは、NHK総合と教育、民放放送は1つだけでした。

民放では、各民放テレビ局の番組がごちゃ混ぜで放送されていて
そんな中、 フジテレビ系列の江崎グリコ提供「赤白パネルマッチ」という
視聴者参加型のゲーム番組がカゴッマでも放映されていて、大人気でした。

今回は私がその番組に出演した時の話しでございます。

時代は高度成長期の日本。
車 (Car)、カラーテレビ (Color television)、クーラー (Cooler)は、その頭文字をとって3Cと呼ばれ
誰もが憧れていた商品です。
 当時の我が家には、もちろん3Cのどれもありません。
しかし「赤白パネルマッチ」に出場しますと、この3Cが手に入るかもしれないのです。

 私は祈るような気持ちで出場希望はがきを応募して、みごと親子で出場することとなりました。

 当時、カゴッマから素人がテレビに出演するなど、滅多にないこと。

「A子サン、娘サン、キバイヤンセヨッ!
 フタイ ジャッタラ 3Cモロットハ マッゲハナカッ!」
  訳:A子さん、娘さん、がんばりなさいよー! ふたりだったら3Cを獲得するのは間違いない!

そんな有り難い大声援を友人知人や一族郎党から頂き、フジテレビのある東京へと乗り込みました。

さてこの番組、白組(父息子ペア)と赤組(母娘ペア)が
30枚の大きなパネルを神経衰弱形式で開いて、競い合うのですが
パネルにはいろいろな賞品の写真があり、同じペアがマッチしたら、その賞品がもらえるというもの。
 ※ 賞品はカラーテレビ、クーラー、当時新発売だったグリコポッキー、文鳥、餅網など、種々様々でした。

そしてパネルが全部開きますと絵文字クイズになっていて
その文章を見事に当てますと車がもらえるのです。 
 ※ この辺りは、現在放映中の「パネルクイズアタック25」に少し似ております。

 さあ、いよいよ本番です!

テレビを見ている時は、簡単にペアをマッチできていたのですが
いざ本番となると緊張のせいか、うまくいきません。
なんとかカラーテレビはマッチすることができましたが、あとの賞品は餅網ぐらいで
白組に比べると、賞品の数は雲泥の差。
そんな中、白組が「いただき」パネルを引いたのです。
このパネルを引くと、相手が持っている賞品の中から好きなひとつをもらうことができるのです。

白組は当然、カラーテレビを「いただき」するだろうと娘とうな垂れておりましたら…

「赤組がかわいそうだから、餅網で…」

なんと白組の温情で、カラーテレビを死守することができました。

「白組サン、マッコテ アリガトモウシアゲモス!」  訳:白組さん、本当にありがとうございます!

 そして番組は終盤、車が賞品としてもらえる絵文字クイズの時間です。

娘がすかさず、絵文字を読み解いて答えます。

「忘年会 酔っ払い運転お断り」

やったぁ! さすが我が娘、正解ッーーー! 
しかし…無情にも判定は不正解…。

そして回答権が白組に移ります。

「忘年会、大虎運転お断り」

「大正解! 白組さんには、賞品の車が贈呈されます!!」

会場に司会者の声がむなしく響きました。

この絵文字クイズですが…
大虎運転の「大虎」の部分について
絵文字では、文字通り「大きな虎」が 描かれていたのですが
娘は「大きな虎…大虎…ということは、酔っ払いのことだな」と先読みして答えたのでした。

でも後で考えますと
白組さんのおかげで3Cのひとつのカラーテレビを持ち帰ることができて
これで車まで当てておりましたら、きっとバチが当たっていたことでしょう。

その後、この番組で頂いたカラーテレビには15年間、お世話になりました。
そして我が家に残りの2Cがやって来ましたのは、番組出場から10年近くあとのことでございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらが懐かしい出演時の写真です。




人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

鹿児島ラーメン

カゴッマには、美味しい名産がたくさんございます。

黒豚、鰻、キビナゴ、ラーメン、つきあげ、白くま、かるかん、両棒餅(ぢゃんぼ)
しんこだんご、あく巻き、芋焼酎…などなど、書き出すとキリがありません。

私こと婆ダムA子が、どれかひとつだけ選ぶとなりますと、かなり悩みますが
やはり鹿児島ラーメンでしょう。

中でも天文館にある「こむらさきラーメン」が私の一押しでございます。
※ こむらさきラーメンは、昭和25年(1950年)創業のカゴッマ老舗のラーメン屋さんで、今は鹿児島中央駅のターミナルビルにも出店しています。

細いストレート麺に豚骨スープが絡まり、焼き豚とキャベツがどっさりのって
焦がしネギの風味が一層、食欲をそそります。

半世紀近く前、関西に引っ越してきた頃は
こむらさきラーメンが食べたくて、ホームシックになったほど。
当時、西鹿児島ー新大阪間は、国鉄の「なは」という特急列車で片道12時間、
運賃もかなりお高くて、さすがにラーメンを食べるために、帰るわけにはいきません。  
※ 西鹿児島は今の鹿児島中央駅です。

こむらさきラーメンが食べられずに落ち込む私を見るに見かねた主人は
なんとラーメン作りに挑戦し始めたのです。

主人の料理の腕前はなかなかでしたが、そうは言っても素人。
それでも豚骨と野菜クズを入れてスープをとったり、牛骨を加えてみたり
はたまた背脂を足してみたりで、5年の歳月を経て
とうとう「こむらさき」もどきのラーメンが完成いたしました。

その味は主人の5年越しの私への愛が詰まったラーメン…
そんなのろけたお手紙を、NHKの朝の情報番組に投稿しましたところ

 ンダモシタン!(訳:びっくり!)

「我が家のラーメン作り」という特集コーナーで
このラーメンが、テレビで紹介されることになったのです!

さあ、それからが大変!
その時、主人はたまたま海外出張で日本におらず
私が主人直伝のラーメンスープを作って、関西から東京渋谷のNHKへと赴きました。

朝の生放送番組で、ゲストは俳優の宍戸錠さん!
※ 宍戸さんといえば、私たちの世代では「エースのジョー」と呼ばれた日活映画のスーパースター。
その宍戸さん、私が番組内で作ったラーメンを「美味しい!」と絶賛して食べて下さいました。

そして番組終了後、試食する暇もなかったので、改めスープを飲んでみますと
ゲッ…す、すっぱい…!
関西から東京までの遠距離を旅したスープでしたから
どうやらその間に傷んでしまったようでした。
宍戸ドン、ソノ折ハ、ホンノコチ(本当に) ゴメンナサイ…🙇

それ以来、グルメ番組を見る度に、宍戸さんの役者魂を思い出しながら、
「美味しい!」と絶賛するタレントさんを、つい疑ってかかってしまう
婆ダムA子なのでございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今はこむらさきラーメン、宅配セットでお取り寄せできます。
お店で食べる味と、ホンノコチ 同ジィ 味ヤヨー!






人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

土用の丑の日

もうすぐ土用の丑の日ですね。
今年は7月25日と8月6日の2回あるそうです。

私こと婆ダムA子は、鰻に目がございません。
しかし昔に比べて、鰻の値段がまさに鰻昇り。
今年は去年に比べて少しだけ値段が下がったようですが
うちの土用の丑の日は、もちろん一回だけです。

さて土用の丑の日と言いますと、主人にまつわる忘れられない思い出がございます。

主人はかなりの酒豪で、1時間で焼酎1升を飲み干したこともございました。
これですぐに寝てくれればよいのですが
相手に喧嘩をふっかけるのですから、立ちがよくありません。

結婚してしばらくして…
その日も我が家で、飲み友達と酒を酌み交わしておりましたが
いつの間にか言い争いとなり、ついには外で喧嘩と相成りました。

ガラス戸は蹴破られて、飛び散ったガラスの破片の上での
殴り殴られの取っくみ合いの喧嘩です。

すでに夜も遅い時間でしたが、その騒ぎに
ご近所さんも何ごとかと、次々に出て来られました。

今でしたら、間違いなく警察沙汰でしょう。
でも当時のおなご衆は慣れたものでございます。

「奥サン! ミズ! バケッデ 水ヲ カケヤンセッ!」
  訳:奥さん!水! バケツで水をかけなさい!

私は急いでバケツに水を汲んで、ふたりに思い切りぶちまけました。
すると喧嘩はピタリと止んで、ふたりともキョトン顔。

ようやく収拾した頃には
すでに日付けが変わって、その日はちょうど土用の丑の日。

私はお騒がせしたお詫びとして、ご近所さんに「末よしの鰻」を配って回ったのでした。
 ※ 「末よしの鰻」は鹿児島市内にある老舗の鰻屋さん。当時からかなりお高うございました。💧

そして翌年…。

「去年ハ ホンノコテ 大変ジャッタヨネェー。
 アントッノ ウナギャ オイシュゴワシタナァー!」
  訳:去年は本当に大変でしたよねぇ。あの時の鰻は、おいしかったわー!

ご近所さんにそう言われて
その年の土用の丑の日も、またもや「末よしの鰻」を配って回った婆ダムA子なのでございました。💧
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヤッパイ ウナギャ カゴッマ産ガ 一番ウマカヨー!


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村


アルバイト

学生さんたちは、いよいよ夏休みが始まったようですね。🎐
宿題に、旅行に、クラブ活動に、バイトに、それぞれの夏が忙しいことでしょう。

 夏休みといいますと、私もかれこれ70年近く前の高校生の頃、
カゴッマの山形屋(やまかたや)デパートでアルバイトしたことがございます。
 ※ 当時はバイトのことを、略さずにアルバイトと言ってました。

「オ母サン、夏休ンハ 山形屋デ アルバイトスッカラ、コンナチャ、忙シュナッカラネー!」
  訳:お母さん、夏休みは山形屋でアルバイトをするから、この夏は忙しくなるからね!

「ンダモシタン! A子チャンナ アン山形屋デネ! キバイヤンセヨー!」
  訳:びっくり! A子ちゃんが、あの山形屋でね! 頑張りなさいよー! 

 山形屋といえば、昔も今もカゴッマでは老舗のデパートで
そこでアルバイトできるのですから、鼻高々です。 

さてアルバイトの内容はといいますと
お中元などの商品を、きれいに包装するというもの。
学生など30人ぐらいが、夏限定の臨時アルバイトとして集まりました。

「皆サン! コン仕事チャ、アルバイト料ガ モロガナッシ、
 アルバイトガ 終ワッ頃ハ、包装ノプロニ ナッチョイモス。ガンバイモッソ!」
  訳:皆さん! この仕事は、アリバイト料がもらえるし、アルバイトが終わる頃には、包装のプロになっています。がんばりましょう!

主任の訓示に、更に私の気分は高揚します。
なにせ幼い頃から、デパートでササッと手早く綺麗に商品を包装してくれる
店員さんに憧れていましたから。

でもこの仕事、なかなか難しくて、時間をかけて包装したわりには
隣りの学生さんよりも、 私の出来は今ひとつです。
でも「アルバイトが終わる頃には、包装のプロ 」の主任の言葉を信じて、一生懸命に励みました。

 それから5日後…。

「アルバイトン仮採用ノ  期間ガ  終ワイモシタカラ、本採用ヲ サセッモロ人ヲ 申シ上ゲモス」
  訳:アルバイトの仮採用の期間が終わりましたから、本採用をさせてもらう方を申し上げます。

 エエッ…?! 今ズイハ 仮採用ジャッタノ…?!
  訳:ええッ…?! 今までは仮採用だったの…?!

次々に呼ばれていく名前の中に結局、私の名前はなくて、アルバイトは5日でクビ…。
 
 「アラァ? A子チャンナ、コンナチャ 忙シトジャ ナカッタカネ?」
 訳:あら? A子ちゃんは、この夏は忙しいって言ってたよね?

「最初ン 5日バッカイトハ、言ワンカッタッケナ…」
   訳:最初の5日だけって、言わなかったっけ…。

母の問いかけにとぼけながら、包装のプロになる夢は露と消え…
かといって、当時は次のアルバイトも簡単に見つかるわけもなく…
その夏は、ぽっかりと予定が空いてしまった婆ダムA子なのでございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時からカゴッマの知覧茶は有名で、お中元品として包装しておりました。5日間だけでしたけれど…💦


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

黒電話

私こと婆ダムA子のうちでは、一昨年に固定電話を解約いたしました。 ※詳しくは本ブログ「オレオレ詐欺」参照。

解約する時は、いろいろ不便になるかなと思っておりましたが
ケータイだけで充分に用が足りて、そんな心配は無用でございました。
※ 解約の連絡しそびれた友人には、迷惑ヲカケモシタ。🙇

思えば、我が家に初めて電話が開通しましたのは
私がまだカゴッマに住んでいた昭和43年(1968年)頃…。

当時の電話機は、ジーッコジーッコと番号を廻すダイヤル式の黒電話でした。

電話がついた時は、家族じゅう大興奮です。
電話さえあれば、いつでも誰とでも 話しをすることができる!
海外に知り合いもいませんのに、世界じゅうの人たちと繋がったような気分です。

さて誰に電話しようかねぇ…?

関西の主人の実家に電話しますと、通話料金が高くなりますし…
※ 当時カゴッマから関西への通話料は1分100円ぐらい。なんとラーメン1杯分のお値段でした。

かといって市内に住む姉たちのうちには、まだ電話はありません。

でもとにかく電話をしてみたい!

ソヤッ!ワガイェ電話番号ニカケレバ、ダイヤルモ廻ッセ 通話料モカカランデ ヨカヨ!
訳:そうだ! 自分のうちの電話番号にかければ、ダイヤルも廻せるし、通話料もかからないからいいかも!

そこで家族で順番に、開通したばかりの黒電話で、うちの電話番号を廻しました。
当然、繋がるわけはなくて、「ツーッツーッ」と話中音 。
それでも初電話に、家族じゅう大喜びです。

家族でふたまわりほど、自局の番号をかけて満足していますと…

 リーーン!リーーン!

我が家の黒電話が初めて、呼びリンを鳴らしたのです!

でもまだ誰にもうちの電話番号を知らせていませんのに、いったい誰から??

ここは一家の主人(アルジ) に電話に出てもらうことにしました。

「も、もしもし…」

初電話に、心なしか主人の声も緊張しています。
それから主人は、ひとしきり相手の話を聞いてから…なぜかひたすら平謝り。

「イッタイ ダイカァネ? ナイゴデ 謝ッチョッタノ?」 
  訳:いったい誰から? どうして謝っていたの?

引きつり顔で電話を切りました主人、いわく…

自局の電話番号にかけるのは、電話の故障の原因になるので、絶対に止めてください! だって…💦

そういうわけで初着信は、電電公社からお叱りの電話でした。
※ 電電公社とは、現在のNTTの前身で 民営化前の電話事業を営んでいた公社のことです。

あれから半世紀…
電話は、固定電話からケータイ、そしてスマートフォンの時代へ。

時代に遅れないように、スマートフォンも使いこなしてみたい婆ダムA子でございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらがその黒電話。
昔は布製のカバーをかけて、レースの敷物の上に置いていました。



amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

オレオレ詐欺

先日、ご近所さんが「オレオレ詐欺」まがいの電話があったと、お話しに来られました。
 ※ オレオレ詐欺や振り込め詐欺など、総称して「特殊詐欺」と呼ぶのだそう…。

聞くところによりますと、銀行を名乗る人から、キャッシュカードに不具合が生じているから
暗証番号を教えて欲しいと言われて、つい教えてしまったのだとか。

電話を切ってから不思議に思って、銀行に問い合わせして、詐欺とわかったそうです。
でもキャッシュカードは手元にあるらしく、暗証番号だけ聞いてどうするのでしょう?

警察に相談したら、電話の相手はすでに自宅を知っている可能性が高いので
すぐに暗証番号を変えて、キャッシュカードを盗まれないように
くれぐれも空き巣に注意してくださいとのこと。

ご近所さんは怖くなって、その銀行口座を解約したそうです。

私こと婆ダムA子も、もしこんな電話がかかってきましたら
つい暗証番号を教えてしまうかもしれません。
…と思いましたが、暗証番号をそもそも覚えていないのでした。

銀行のATMで、お金を引き出す際に、暗証番号を間違って入力してしまって
何回、キャッシュカードを作り直したことでしょうか…。
※ 3回間違うとロックがかかって、キャッシュカードを再発行しなくてはいけないんですよね。
それに懲りて銀行の出金は、身内にお願いするようにしております。

そういえば、2年ほど前に私の元にも
「オレオレ」ならぬ「ワタシワタシ」という電話がかかってきたことがございます。

「ワタシワタシ…今、銀行にいるんやけど…」

不穏な空気を察してすぐに電話を切りましたが、実は出金をお願いしていた娘からでした。

そんなこともありまして、うちの固定電話は廃止となり
知り合いからしか、電話がかかってこないケータイを持たされることとなりました。
※ そんな設定ができるなんて、ンダモシタ!(びっくり)

でも急に固定電話がかからなくなって、ケータイ番号を連絡しそびれてしまった
カゴッマの友人の間では、ちょっとした噂になってしまっていたようです。

「A子サン、コノ頃 電話ガ ツナガランゴアッドン イカナコテ イキチョイヤッタロカイ…」
  訳:A子さん、この頃 電話がつながらないけれど、生きてるんでしょうかねぇ。

 ンニャンニャ! アタイハ 今日モ ガッツイ 元気ィキバッチョッヨー!
  訳:いえいえ! 私は今日もとても元気に頑張ってますよー!

 ケータイ番号ヲ イッカセンデ ホンノコチ ゴ無礼サーゴアシタ。🙇
  訳: ケータイの番号を 連絡しないで、本当にご無礼いたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特殊詐欺以外にも、訪問販売詐欺、霊感商法など、高齢者を狙った様々な詐欺があるようです。
ホンノコチ、気ヲツケント…。


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

白内障

私こと婆ダムA子は、この10年近く、目がかすんで白い膜がかかったように
ぼやーっと見えています。👀

この症状、いわゆる「白内障」らしく、年を取れば仕方ないのかなと思っておりました。

先日、カゴッマの友人と電話で話していましたところ

「ウチモ 白内障デ 数年前ニ 手術ヲシタケド、世界ガ明ルナッタヨー。
   アンタモ ハヨシタホガ ヨカヨ!」
 訳:私も白内障で数年前に手術したけど、世界が明るくなったよー。あなたも早く手術したらいいよ!

かなり迷いましたが、近所の眼科で手術することにいたしました。

手術といっても日帰りで、片目につき10分程度で終わって
目の中にある濁った水晶体を取り除いて、その変わりに眼内レンズを装着するのだそうです。
※ 白内障は、カメラのレンズのようにピントを合わせる水晶体が濁ってしまうことでおこる病気なのだそうです。

その眼内レンズ、種類があるようで
昨日、どんなレンズを入れるかを決めるために眼科に行ってまいりました。

種類としては
多焦点レンズと単焦点レンズがあり
多焦点レンズは、健康保険が使えない(自費)ということで、即却下です。 
※そのクリニックでは手術費用は、両目で70万円ぐらいでした。😨
単焦点レンズだと、遠くか近くか中間か、どこにピントを合わせたいかで
レンズが変わってくるそうです。 ※健康保険1割負担で、両目で3万円ぐらいです。😀

どのレンズがよいのか、試してみたいところですが
一度装着するとコンタクトレンズのように取り外しはできないようで
レンズの決定は、慎重にしなくてはいけません。

お医者さんと話し合いました結果、遠くにピントを合わせるレンズにすることにしました。
遠くといっても、2メートル以上先ぐらいで、これを選ぶ患者さんが一番多いのだとか。

なお、この遠くにピントを合わせるレンズでも
今よりも新聞などは読みやすくなるらしくて、老眼鏡も作り直した方がよいそうです。

ちなみにカゴッマの友人いわく
「単焦点レンズデ ヨカヨカ! 
 ウチモ 遠クノデン、近クモ 前ヨリ スッキィ 見ユッヨ」   とのこと。
 訳:単焦点レンズで、いいよ。私も遠くにピントを合わせるレンズだけど、近くの距離も手術前よりすっきり見えるよ。

手術前に行う検査も終わりまして、いよいよ手術は来月ですが   
 ※手術前検査は、今の目の状態の確認と血液検査をしました。
近づいて来ると、ヤッパイ チョピットハ不安…。
でも今の日本で一番多く行われている手術らしいので、問題ハ ナカヤロ。

友人が言いますように、世界がどんなに明るくなるのか、今から楽しみでもございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの本では「世界が明るくなる」どころか「人生が変わる」とおっしゃっています。


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

ツール・ド・フランス

私こと婆ダムA子は、運動音痴ですが、スポーツを観るのは大好きでございます。

野球、サッカー、ラグビー、テニス、フィギュアスケート、卓球、相撲など
亡くなった主人がよく観ておりましたので、おのずと観るようになりました。

贔屓にしているチームは、今はございませんが
カゴッマ出身の選手には、やはり応援に熱が入ります。

サッカーだとヤットさんこと、ガンバ大阪の遠藤選手。
野球だとフッドメこと、阪神タイガースの福留選手や
大リーグで活躍してソフトバンクに戻ってきたムネリンこと、川崎選手。

ラグビーでは、カゴッマではないけれど、同じ九州出身の五郎丸選手
彼のガッツとあのポーズに魅了されて、すっかりファンになりました。

まさに五郎丸ポーズが大流行の頃です。
近所の酒蔵の蔵開きで、抽選会がありました。
私は彼にあやかろうと、くじを引く直前に五郎丸ポーズで
  「チェスト行ケーッ!(訳:うまく行けーッ!) と願掛け!

周りから「五郎丸ばあちゃん、がんばれー!!」の大声援も頂いて
みごと特賞の「純米大吟醸」を引き当てました。
やはり乗りに乗っている人のマネをしますと、御利益があるようです。

さて最近よく観ていますのが、自転車ロードレースのツール・ド・フランスです。

3週間かけて、ほぼ毎日200km前後を自転車で走り、全走行距離が3500km
高低差は2000メートル以上で、世界一過酷なレースとも呼ばれているそうです。

チームに分かれて競いますが、優勝はチームではなくて個人が表彰されたり
走行中のチームの駆け引きなど、入門者の私にはまだちょっと難しいところがありますが
観ていてすごいのは、とにかくフランスの景色が
   🇫🇷トレビアーン!🇫🇷 ※ごくたまにカゴッマ弁以外の言語も飛び出したりします。

ひまわり畑、ワイン畑、古いお城、滝や湖など、それを空から撮していたり、
沿道に詰めかけた地元のファンの応援風景なども微笑ましく
今までのスポーツ観戦とは、また違った楽しさがございます。

実は私、自転車には昔から乗れないのですが、レースを観ていたら乗りたくなりました。

今から練習して、レースに挑戦しましょうかねぇ…?!
気持ちだけは、まだまだアグレッシィブな婆ダムA子でございます。


なお今年のツール・ド・フランスには、日本人としてただひとり
沖縄出身の新城選手が出場しておられます。

新城選手!チバリヨー!!」(沖縄弁訳:がんばってー!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ツール・ド・フランス・2017は、7月1日〜7月23日の開催です❗


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

海の日

今日は、海の日です。🎌
つい最近にできた祝日と思っておりましたら、もう20年も前に制定されたんですね。
月日が経つのは早いものでございます。

さて私こと婆ダムA子は、終戦後に中学生になりました。
当時の夏の体育の授業は、プールはなくて海での水泳。

中学校の近くには、錦江湾を臨む天保山の海岸が広がり
水泳の授業となりますと、教室で水着に着替えて、みんなで海岸まで走って行ったものでした。

実は私、かなりの運動音痴なのですが、なぜか水泳だけは得意。
「天保山のトビウオ」とは、何を隠そう私のこと。自称ですが…😅

夏が始まり、いよいよ明日は待ちに待った水泳の授業です。

「オ母サン、水着ハ ドコィ アッノ?」
 訳:お母さん、水着は どこにあるの?

「アラァ 水着モ ナイモカイモ 空襲デ焼ケシモッタヨー」
  訳:あら、水着もなんもかんも 空襲で焼けてしまったでしょう。

そうだった…💧
我が家は戦時中の空襲で焼けてしまって、ほとんどのものをなくしていたのです。

がっかりする私に母は…

「A子チャンナ、水着ジャナカッテン、パンツト シャツデ 泳ゲバヨカヨォ。
  着替エノ 下着サエ 持ッイケバ、問題ナカ」
 訳:A子ちゃん、水着がなくてもパンツとシャツで泳げばいいんじゃない。着替えの下着さえ持って行っておけば、問題ないでしょう。

確かに下着が濡れても着替えを持っていけば、なにも問題ありません。

気を取り直して、楽しみにしていたその夏初めての水泳の授業に臨むことにいたしました。

そして翌日…。

みんなが水着に着替える中、私はひとり下着のパンツとシャツ姿。
そして、海岸に向かうため教室を出ようとしていた時です。

「A子チャン、ハヨ 水着ィ 着替エント…」
 訳:A子ちゃん、早く水着に着替えないと…。

「アタイハ 水着ガ ナカカラ、コンママデ イッヨォ」
 訳:私は水着がないから、このままで行くよ。

「エエッ! ソヤ ヤッセン! 男ンシモ オッタヨー!」
 訳:ええ! それはダメでしょ! 男子たちもいるんだよー!

「ソゲンコチャ 気イセン…」
 訳:そんなことは気にしないし…。

しかし友だちに説得されて、その日は泣く泣く水泳の授業は見学と相成りました。

その後、だれもいない時に、試しに下着で海に入ってみましたが
パンツは脱げてくるし、シャツははだけて、泳ぐどころではありません。
※ 当時のパンツはウェストはヒモでくくるタイプで、 足ぐりはペラペラ。シャツもガーゼのような薄い生地でした。

改めて止めてくれた友だちに、心から感謝したのは言うまでもありません。

ちなみに次の授業では、母はどこからかお下がりの水着を調達してきまして
まさに水を得た魚のごとくの「天保山のトビウオ」なのでございました。 ※あくまで自称ですが…😅


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時の水着はセパレートが主流でした。
最近もセパレートが流行だそうですが、生地とデザインは当時とは段違いです。


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

お見合い話

昨日のブログを書きましてから  ※本ブログ「結婚の決め手」を参照
私こと婆ダムA子にも、お見合い話があったことを思い出しました。

「オタクンボッチャンニ、ウチンA子ハ イケンゴアンドカイ?」
  訳:おたくの坊ちゃんに、うちのA子はどうですかねぇ?

「 アラァ、年ン コロアイモヨカシ、イッド 見合イ サセモンソカイナ!」
    訳:あら、年の頃合いもいいし、一度 お見合いさせましょう!

もともと母親同士が町内の婦人会で親しくしており、お見合い話に意気投合。

早速、母は私にお見合いを勧めてきました。
お相手の彼は、私よりもひとつ年上で、とても爽やかなヨカニセドン(いい男)
同じ町内でしたので、言葉を交わしたこともある仲です。

本来でしたら、ふたつ返事でお見合いをお受けするところだったのですが
ちょうどその頃、のちの主人に、ハンバーグステーキをご馳走になりました直後…。 
 ※またまた本ブログ「結婚の決め手」参照。

「イマ、気ニナッチョヒトガ、オッカラネェー」
  訳:今、気になっている人がいるからねぇ…。

結局、その話は、うやむやになってしまったのですが
お見合いしそこねた彼、今や財界では、とても有名な方になられました。

一度、関西で開かれたカゴッマ県人の集いで、お会いしたことがございます。

当時、すでに有名になられておられ
なかなか話しかけられないオーラを漂わせておられましたが、私がご挨拶に参りますと…

「ンダモシタン! ザッツドンノ A子サン ゴアィナァー!」
  訳:びっくり! ざっつさん家のA子さんですねぇ! ※ザッツドンは、私の旧姓の愛称です。

私のことをよく覚えておられて、カゴッマ弁で、気さくに応えてくださいました。

それから昔話に花が咲き、私はつい調子に乗ってお見合い話のことを…。

「モシアタイト、見合イシチョシタラ、
 イケナコチ、ナッチョイモシタドカイナァー? 」
  訳:もしあの時、お見合いをしていたら、どうなっていたでしょうねぇ?

それについては彼、ただ笑っておられました。

結婚は時の運…亡くなった主人とは、それなりに楽しい人生を歩ませてもらいましたので
お見合いしなくて、正解だったと思うようにしております。

 うーーーーーん? でもちょっと待って…?

私がその気でも、あの笑い方からして
彼はもともと私とお見合いする気など、さらさらなかったのかもしれません…💦

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その彼ですが、たくさんの本も書いておられます。
気取らず偉ぶらず、昔も今もマッコト素晴ラシカ、ヨカニセドンでございます。


amazon.co.jp アソシエイト


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村


80歳以上ランキング

結婚の決め手

関西は連日の猛暑ですが、こんな暑い日に食べたくなりますのが
カゴッマ名物の白くまです!

私こと婆ダムA子が、学生の頃は
長姉の夏のボーナス日に、風月堂の白くまを食べに連れて行ってもらいました。
練乳がたっぷりかかったかき氷の下に
とろくすん(白豆)と、スイカ、バナナ、白桃、パイナップルなどの果物がどっさり!
たまに夢に見ることもございますが
このお店、今はカップのみの販売で、店頭で食べられないのが残念です。

白くまといえば今や、カゴッマ県民だったら、誰もが知っている「むじゃき」が有名です。

その「むじゃき」、私が学生の頃からありましたが
当時、白くまは夏場だけで、美味しい定食屋さんというイメージが強かったです。

そしてむじゃきは、主人と結婚する前によく一緒に行ったお店でございます。

でも最初に彼が連れて行ってくれましたところは、山形屋の特別食堂!       
 ※ 山形屋(やまかたや)は鹿児島を代表する老舗の百貨店です。
当時はかなり敷居が高く、今でいうところの三つ星レストラン級でしょうか。
ずっと憧れていましたが、初デートで、初の山形屋の特別食堂です。
そして生まれて初めて食べた「初・ハンバーグステーキ」の味は
世の中にこんな美味しいものがあったのかと思うほど…今も忘れられません。

ただ山形屋はそれっきりで、その後はずっと、むじゃきでした。
もちろんむじゃきも、 豪華なメニューはありましたが
彼のふところ具合が心配で、いつも「すうどん」と「おいなりさん」を頼んでおりました。

ある日のこと…
彼がお会計を済ませた後の、そっとのぞいた財布の中身はすっからかん。
彼は私に気づかれまいと平静を装っておりましたので、私は一応、見て見ぬふりを…。

その日もいつもの通り、家まで送ってくれましたが
別れ際、私はアルバイトで頂いた千円札を彼に差し出しました。

「イデッン オゴッテモロ アリガテネェ。コヨ ツカッテモンセ」
  訳:いつも奢ってもらってありがとうございます。これ、使ってください。

当時の千円といえば、今の一万円ぐらいです。
失礼かなぁとも思いましたが、彼は嬉しそうに笑って、受け取ってくれました。

それからしばらくして、彼にプロポーズされて結婚したわけなのですが
彼が私と結婚しようと思ったのは、この千円が大きかったのだとか。
いつの時代もやはり、お金…💴?
いえいえ、そうではなくて
彼いわく、金欠を察して、さりげなくお金を渡してくれた心遣いが決め手だったそうです。

思えば、私が主人と結婚しようと思った決め手は…
やっぱり山形屋の「初・ハンバーグステーキ」が大きかったですね。

今も昔も、食べることが何より大好きな婆ダムA子なのでございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
左がむじゃき、右が風月堂の白くまです。 どっちも食ベタカァーー!!



人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村


80歳以上ランキング

同郷のよしみ

私こと婆ダムA子はにぎり寿司🍣が、大好きです!
カゴッマの錦江湾の魚を食べて育ちましたから、魚の鮮度にはちょっとうるさい。😋

最近、みつけた近所のお寿司屋さん
回転しないのに、リーズナブルで鮮度もなかなかで
昨夜、身内と一緒に行ってまいりました。

マグロ❗アジ❗ブリ❗ヒラメ❗🍣

「ヤッパイ ニギィ寿司ァ ウンマカァーー!」 訳:やっぱりにぎり寿司は、おいしい!

相変わらずのカゴッマ弁で舌鼓を打っておりますと、隣りに座っていたオジサン。

「オバアサンナ、カゴッマネ! アタイモ カゴッマゴアンガー!」
 訳:お婆さんは、鹿児島出身だね! 私も鹿児島だよ!」

「ンダモシタン! コゲントコィデ オトワ!」
 訳:びっくり! こんなところで お会いするなんて!

ほろ酔い気分で、錦江湾のキビナゴから、喜鶴寿司まで
カゴッマから遠く離れた関西の地で、大いに盛り上がり
同郷のよしみで、タマゴまでご馳走になりました。  ※喜鶴(きかく)寿司はカゴッマ市内にある老舗のお寿司屋さんです。

ちなみに婆ダムA子は、味醂でも酔ってしまうぐらいの下戸で
酒の香りでほろ酔い気分になれるので、かなりお得です。


さて同郷のよしみといえば、カゴッマから関西に引っ越してきてすぐの頃…

まだ近所の道に慣れていない中、主人が運転する車に乗っておりました。

「あっ!しまったぁー!」

主人は一方通行の道を逆走してしまったのです。🚫
幸いにも対向車が来なかったので、ことなきを得て、国道に出てほっとしたのも束の間…。

「ウィーーーン!」

白バイがサイレンを鳴らして、追いかけてきました。

主人も私も顔面蒼白😱! 白バイに誘導されるまま、道路脇に停車しました。

「一方通行逆走しましたねー」

「スンモハン! 主人ガ ウッカイシチョイモシタ…💦」
 訳:すみません! 主人がうっかりしてしまって…。

 主人が運転免許証を差し出す横で、私は思わずカゴッマ弁で謝りました。
すると、その白バイのお巡りさん…

「アラァ 奥サンナ カゴッマナァ。アタイモ カゴッマゴアンドォ。
 アー マダコッチィ慣レチョイヤハントナァー」
 訳:あら、奥さんは鹿児島ですかぁ。僕も鹿児島なんですよ。あーこっちにまだ慣れてないんですねぇ。 

主人の免許証の住所は、まだカゴッマのままでしたので
関西に来て日が浅いことを察したのでしょう。

「今度ダケハ 大目ニ見チョンドン、コイカァ気ヲツケヤンセオ」
  訳:今回だけは大目に見てあげるけど、これからは気をつけて下さいよ。

今の時代では考えられませんが
同郷のよしみということで、口頭注意だけで済みました。

お寿司屋さんの帰り道…
ほろ酔い気分で、半世紀近く前のことを懐かしく思い出しながら
同郷の暖かさをタマゴの味とともに、しみじみと噛みしめていた婆ダムA子でございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この時期、錦江湾のキビナゴはウンマカヨー!😋


amazon.co.jp アソシエイト

人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村