やんごとなきお方

私こと婆ダムA子は、生まれも育ちもカゴッマ(鹿児島)でございます。
でもいつの間にか、カゴッマより関西暮らしの方が長くなりました。

今ではカゴッマ弁と関西弁を両方、しゃべれるバイリンガルです。
もっとも関西弁にもいろいろありまして、私がわかるのは大阪弁で
今もわからないのが、京都弁です…。

京都在住のM島さん、京女らしく おしとやかで はんなり…では全くなくて
私と同じで、ガサツでザックバランな性格。 M島さん、ごめんなさい…💦
だから気が合って、40年来の友人です。

ある日、M島さんとデパートに行った帰り道でのこと…。 
「A子さん、カイテカイテ!」

背中でも痒いのかと思って、M島さんの背中を掻こうとしますと
「違う違う…コレコレ!」

なぜか、手に持っている大きな紙袋を掲げておられます。
 私は思わず、背中を掻くみたく、目の前の紙袋の側面を「掻いて」しまいました。

京都では「かく」とは、「荷物を持つ」という意味で
M島さんは私に「紙袋を持って」と言っておられたのです。
今もM島さんに会うたびに、からかわれるエピソードでございます。

ところで、この「かく」という方言、大阪でも地域によっては通じるようで
大阪弁と京都弁は共通語も多いよう。
でも京都には、大阪にはない独特な「言い回し」があるようです。

例えば、こんなことがありました。

京都在住の友人のT田さんご夫妻。
ある日、おふたりを招いて、料理自慢の主人が腕を振るいました。
おふたりとも食べるほどに陽気になられて、満足して頂いたご様子。
しかし帰り際、T田さんの奥さんが渋い顔をして、私の耳元でそっと呟きました。

「ご主人さんも罪なことしはるわ。あんなお料理出しはるなんて」
 訳:ご主人さんも罪なことをされますね。あのような料理を出されるなんて。

『楽しそうだったのに、料理が口に合わなかったのか…? 主人が聞いたらショックだろうけど
 罪になるようなことをしたのなら、改めてT田さんにお詫びするべきか…』

さすがに主人には言えません。
そこで、ここはT田さんの知り合いでもあるM島さんに、相談することに…。
するとM島さんは大笑いです。

「それ、最高の褒め言葉やないの!」

彼女の解説によりますと、京都では遠回しに言う文化があるらしく
それは「罪になるぐらいにおいしい料理だった!」という意味とのこと。

更にM島さんがおっしゃるには…

「でもT田さんもようそんなこと言わはるわ。戦後に京都に来はったばかりやのに」
 訳:でもT田さんもよくそんなことをおっしゃるわ。戦後に京都にいらしたばかりなのに。

戦後といったら、すでに70年以上も京都に住んでおられるはず… 決して短くないのでは?

「A子さん、何言うてはるの。京都で戦後言うたら、応仁の乱以降に決まってるやない」
 訳:A子さん、何を言ってるの? 京都で戦後と言ったら、応仁の乱以降に決まっているでしょう。

そういえば、カゴッマでも戦後を西南の役以降と言ってたことを思い出しました。
でもカゴッマの戦後は140年。 一方、京都の戦後は540年。
改めて京都の歴史の深さを実感した一幕でございました。
※ 西南の役は1877年 応仁の乱は1467〜1477年 豆知識でした。

そんなM島さん…一昨年にご主人を亡くされました。
私は私用で葬儀に行けず、日を改めてご自宅へお悔やみに参りました。
思えばM島さんとは長いお付き合いですが、一度もご自宅にお邪魔したことはありません。
途中で道に迷ってしまって、通りかかった方に道を尋ねました。すると…

「M島さん言うたら…確かこの前、ご主人が亡くなられて、天皇家の使者ハンが来はったとこやねぇ」
 訳:M島さんと言ったら、確かこの前、ご主人が亡くなられて、天皇家の使者の方がいらしたところですね。

天皇家の使者?!
M島さん、実はやんごとなきお方だったのです!

私と同じでガサツでザックバランだなんて、なんて失礼なことを! 
M島さん、改めて陳謝いたします…。

「やんごとなきやなんて、A子さん、おちょくらんといて。そんなことより、ぶぶ漬けでも食べてって」
 訳:やんごとなき(高貴な) だなんて、A子さん、からかわないで。そんなことより、ぶぶ漬け(お茶漬け)でも食べていって。

京都では「ぶぶ漬け」を勧めれたら「早く帰って」という意味ともつゆ知らず
ご焼香に参って、しっかりご馳走になった婆ダムA子なのでございました💦


もちろん「やんごとなきお方」とは、今もとても親しくさせて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

M島さん御用達の本家尾張屋さんのお蕎麦。もちろん戦前の創業でございます。




人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。
😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: