大詔奉戴日

カゴッマは、西郷どん(セゴドン)だけでなく、大久保利通、大山巌、東郷平八郎といった
明治を代表する偉人をたくさん輩出しました。

セゴドン、オーヤマ元帥、トーゴー元帥は、加治屋町生まれ。
オークボトシミチは、甲突川を挟んで加治屋町の南にある高麗町生まれ、後に加治屋町にお引っ越し。 
 ※  偉人たちの呼び方は、小学生の私たちが呼んでいたまんま。なぜか大久保氏だけはフルネームで敬称略でした💦

だから鹿児島市加治屋町には、彼らをそれぞれ奉った石碑があります。

さて私こと婆ダムA子は、カゴッマ市内の加治屋町のすぐそばの小学校に通っていました。
小学6年の時に終戦を迎えたので、小学校時代は太平洋戦争の真っ只中。

戦争中の毎月8日は、大詔奉戴日(たいしょうほうたいび)といって、日本の必勝を国民みんなで祈願する日🎌でした。
※ 大詔奉戴日:太平洋戦争勃発の昭和16年12月8日の翌月から毎月8日に制定。

大詔奉戴日には、学校によって様々な行事が行われましたが
私の通う小学校は朝の6時から、加治屋町の偉人たちの石碑を清掃するというもの。

いつもは7時頃の起床なのに、その日は5時起きです。

そして…いつの時代も怠け者はいるもので、それは何を隠そう私のことでございます。

「今日ハ テセ…」 訳:今日はしんどい…

「ンニャ! ソイジャスマンド。ハヨ起キヤンセ!」 訳:いいや!それではすまされない。早く起きなさい!

そう言って母親に布団を剥がされそうなところですが、私の母は違いました。

「命ン アッテン掃除ジャ。無理ヲシヤンナ。ヤスミャン ヤスミャン」 
 訳:命があって掃除ができる。 だから無理をしたらダメ。 休みなさい。

皆勤賞の賞品が頭を過ぎりましたが、食べ物ならいざ知らず、賞品は鉛筆1本…。

「ウン! ヤッパイ 休ンド!」 訳:うん!やっぱり休む!

かくして私は大詔奉戴日の大事な行事をずる休み、、、な、なんという非国民でしょう😫

そして学年末の清掃皆勤賞の表彰式でのこと、
クラスの半分の生徒が対象です。

名前を呼ばれて、戻ってきた友達の手には表彰状と鉛筆1本…だけではなくて

キャラメル が!!
 ※ 当時、キャラメルはかなりの貴重品でした。 今でいうと、豪華なショートケーキ🍰?

よだれを垂らさんばかりに、キャラメルを見つめる私に皆勤賞の友達が一言。

「A子チャンナ 知ランカッタノネ?
 皆勤賞ニヤァ キャラメルモアグッチ 先生ガ掃除ン間二 ユウチョイヤッタヨ」
 訳:A子ちゃん、知らなかったの? 皆勤賞にはキャラメルもあるって、先生が掃除の間におっしゃってたんだよ」

翌年度から大詔奉戴日の清掃は、誰よりも真面目に務めたことは言うまでもございません。
ただ物資の不足で、翌年からの皆勤賞の賞品は
先生とクラスみんなからの拍手だけでしたが…👏👏👏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

薩摩の偉人のマトリョーシカ
左からセゴドン、オークボトシミチ、さてあと3つはだれでしょう…?



人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
気が向かれましたら、下のバナーをポチッとクリック、シッタモンセ。😉


80歳以上ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: